ひるねゆったりの寝室

アニメとか漫画とか映画とかの感想を書いていきます

僕は「帆高っ、走れぇー!」と叫べない――『天気の子』の話

ネタバレオンリーです。

 

『天気の子』のクライマックスの逃走劇がとても好きだ。
道路交通法を無視し、自転車を窃盗しかけ、線路を走る。
走る帆高の必死さが、観ている側にも伝わってくるようだ。

このシーンを見る時、胸に去来するのは、
「自分は帆高にはなれなかった」という諦念だ。

もし僕が同じ状況なら、まず警察署を脱走しないし、夏美のバイクに飛び乗れないし、有刺鉄線が怖くて柵を越えられない。
線路の上でお腹が痛くなって歩く。
もっと言えば、陽菜と一緒に逃げようなんて思わず、ただしょんぼりとして実家に帰るだろう。

そうやって考えると、この映画の開始時点から、帆高は僕に出来ないことをやってのけているのだ。
腰抜けな僕はそもそも家出が出来ず、よしんば出来たとして、風俗店のボーイの面接を受ける勇気はない。チンピラから陽菜を助けるなんてもっての他だ。

この映画で帆高と向き合っている時、
僕は常に、自分がいかに保身に終始して生きてきたかを突きつけられる。
それは陽菜への接し方でもひしひしと感じる。

生活に困る少女がいたとして、僕は間違いなく、知り合って以降接触を避ける。
可愛かろうが好きだろうが、危ない橋は渡らないに限るのだ。
つまり、非常に器の小さい人間である。

そんなわけで、帆高は僕にとってはまぶしい存在だ。
それだけなら「彼のようにはなれなかった」と過去形で片づけられるのだが、
この映画はそれで許してはくれない。
須賀と夏美の存在があるのだ。

無責任な観客である僕は、夏美と一緒に「帆高っ、走れぇー!」と内心で叫べる。
けれど、もし自分が夏美と同じ立場だったら、本当に同じことが言えるだろうか。

そして、それは須賀にも共通している。
彼は映画の終盤間際まで僕の側の人間だ。退職金を渡して穏便に済ませようとするその姿、まさに保身そのものである。

ところが、最後の最後で彼は帆高の背中を押す。手錠をかけられる決心をしたのだ。
ここで僕は、この映画の人間と自分との間に、決定的な断絶があることを、毎回思い知らされる。

「帆高になれなかった」だけではなく、
「お前は将来、須賀になることも出来ないんだよ」と指をさされている気がしてならない。

『天気の子』が若者への応援歌であることは疑いない。
それと同時に、僕の醜さを糾弾する映画でもある。
いつか、自分の責任で「走れ!」と誰かの背中を押せるようになりたい。
「大丈夫」と言える人間になりたい。
そう思わせてくれるから、僕は帆高の疾走が好きなのだ。

 

 

『ブレイブ ストーリー』を観た

2006年公開の劇場アニメ『ブレイブ ストーリー』を久しぶりに観た。
(原作は「ブレイブ・ストーリー」だが、映画は「・」が抜けるらしい)

あらすじをざっくりまとめると下記のようになる。
現代日本に暮らす平凡な少年・ワタルの家庭は、ある日突然崩壊。
父親は出ていき、母親はショックのあまり、ガスを吸って倒れる。
(自殺の意図があったかは、明確ではない)

影のある友人・ミツルの導きで、ワタルは異世界・幻界(ヴィジョン)へ向かう。
そこで五つの宝玉を集めれば、何でも願いが叶うというのだ。
自分の運命を変える(=家庭を再生する)ため、ワタルは旅に出る。

異世界での旅を続ける中で、仲間も出来、世界に愛着の湧いたワタル。
宝玉集めよりも、徐々に人助けのほうに力を注ぐようになる。
しかし、ワタルとは反対に、ミツルは宝玉を手に入れるためなら手段を選ばない。
ついには幻界を滅ぼすのと引き換えに、自身の願いを叶えようとする。
それに反発したワタルは最後の戦いに挑むが、
そこでミツルの願いの真実を知ってしまい……
というストーリー。

 

後半こそ重い展開が続くものの、
作品の根底には、楽しい雰囲気が流れている。
それを支えるのが異世界で出会う面々。彼等はデザインと性格共に魅力的だ。
特にミーナは、ヒロイン枠を務めているだけあって可愛い。ところどころ、凄く色っぽかった。
主人公であるワタルも好感の持てる少年で、
時折思慮の足りないところも含め、良かったと思う。

 

ただ、どこか物足りなさを感じるのは、
ミツルの存在があるからだろうか。
今作では「彼なりに自分の運命を呪っているワタル」と
「ワタル以上に呪われた運命をたどるミツル」が対照的に描かれる。

ワタルが幻界で得た哲学も、ミツルから見れば薄っぺらいものでしかない。
それに対してどうアプローチするのか……という部分が肝なのだが、
映画の中で、ワタルの呼びかけは終始空回りしている印象がある。

結局ワタルはミツルと向き合う時間を持てず、
ミツルが自滅することで、
間接的に「ワタルが正しかった」ことが証明される。

 

物足りないというのはそこだ。
個人的には、ワタルにはミツルと、もっと正面から向き合って欲しかった。
それは映画に瑕疵があるというよりも、自分がワタル寄りの人間であるから、
そう感じる節がある。

映画内のワタルがそうだが、相対的に恵まれた環境で育った人間は、
そうでない人物に出会った時に、かける言葉を持たない。そして、そのことに強い罪悪感を抱く。
だから、それを否定してくれる展開があって欲しいと、自分なんかは勝手に思ってしまう。
ファンタジー世界の冒険が題材であっても、
自分の出自(や現実)から逃れることは出来ないんだな、と強く実感する作品だった。

ブレイブ ストーリー